top of page
  • 執筆者の写真Admin

広島の金属加工の依頼ならシンプロテックへ

更新日:2021年6月9日



広島の金属加工メーカーを

探しているがどこに依頼すれば

いいのか分からない


いまの取引先よりも

製作のコストを抑えたい


短納期かつ柔軟な対応できる

身近な加工メーカーが知りたい


このような悩みを

お持ちの方もいるのでは

ないでしょうか。


加工業者ごとに保有する設備や加工技術、

ノウハウなどは異なります。


そのため得意とする

分野もさまざまです。


加工業者のなかにも

溶接を専門とする業者があったりもします。


依頼する際は事前に加工業者の

情報を確認しておくことが重要です。


作りたい製品に合わせて、

加工業者の情報をチェックし、

気になる点があれば問い合わせて

みることもおすすめします。


本日も私たちシンプロテックが

対応している業務の一部をご紹介します。


私たちの主な顧客は製造業。

ものづくりの現場です。


量産系の工場が多く、

その生産設備を改良したり

あたらしく設置するために

シンプロテックの技術は活用されます。



工場レイアウトを最適化する方法は?


工場レイアウトを最適化するには

どうすればよいのでしょうか。


工場に配置するものといえば、

そのほとんどは機械設備です。


なので、工場レイアウトを考えるときには

まず機械設備の配置を決めなければなりません。


その際には、以下の点に留意する必要があります。



【機械の台数】
同じ機械設備でも台数が1台変わるだけで所要スペースは大きく左右されます。


【機械の可動範囲】
機械そのものを設置できても、動かした際に壁や別の設備にぶつかるのではスペースが不十分です。


【騒音・振動】
騒音や振動が従業員の作業やほかの設備の稼働を邪魔しないよう、充分なスペースが必要です。


【重量】
土間の厚みや鉄骨の量などを踏まえて、工場の床がどのくらいの重量まで耐えられるのかを考えましょう。


【安全性】
従業員が単純に移動・作業できるだけでなく、危険性がないように配慮する必要があります。


【環境】
騒音や異臭、有害物質などが自然環境に及ぼす悪影響を最小限に抑えることも考慮する必要があります。



今回は、設備を設置した後に配線が通路に

大量にはみ出してしまい安全面や景観に

大きな問題があるということでその

配線を隠す鉄製品を急遽つくることになりました。



ご覧の通り、

実際に設置してみるまで

こういったことが起きることを

想定できていないということも

あります。







特に新設工事の場合、

建設会社が図面を起こして

そこに配置していく設備を

専門の業者がレイアウトしますが

その全てにおいて細かな情報が

揃っているわけではありません。





そういった想定外を

現地ですり合わせていくという

業務は欠かせないものです。


今回はこの配線の上にカバーを取り付けました。






これで大切な配線を痛めることなく

使用しながら仕事をすすめていただく

ことができます。


生産設備の設置や

改善工事に関わるお問い合わせは

シンプロテックまで相談ください。


閲覧数:86回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page