top of page
  • 執筆者の写真Admin

鉄加工技術で、飲食店のテント修理を。

新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、

世間ではあらゆる場所・場面においていわゆる

「三密」を回避することが求められるようになりました。







この影響を大きく受けたのは

飲食店や商店街などもともと

人が密集することの多かった業態です。





そして、飲食店のみなさんは

一定の間隔を保つ「間引き」営業などにより

面積あたりの売上高は大幅に減少しました。






飲食店を経営している方なら

「オーニング」という言葉を

きいたことがあるかもしれません。





オーニングとは「日除け・雨除け」を意味し、

よく路面店舗の軒先から外に延びている

庇(ひさし)や、テラス席にかかる

テント屋根のような部分を含めて指します。


ヨーロッパでは機能と美しさを兼ね備えると

広く愛用されてきた歴史もあり、

店舗の外観を彩ったり、

看板の役目を果たしたりもします。


オーニングの種類や設置する方法によっては

建物としての申請「建築申請」が

不要な場合があります。


増築をしたり屋根を付けたりすると

一般的には店舗の面積が広くなるため

「建ぺい率」などを気にする必要があります。


しかし、テントなどを使用したり

一部のオーニングは仮設屋根として見なされるので

この対象にならないことがあるのです。


煩雑な申請なしで店舗スペースを

広げられるのは大きなメリットです。


ただし気をつけたいのがオーニングで作った

テラス席や屋外席の設置ルールは

各自治体の保健所で定められています。


設置の際は事前に「屋外客席設置届」

の提出が必要となります。


もちろん、店の前の道路などに

勝手に席を設けるのもNGです。


飲食店の方は気をつけながら

オーニングやテラス席を使ってもらいたいです。



冬から春になると

突然やってくるのが突風です。





今回はこの突風の影響で

テントが浮かび上がってしまい

テントのポールが折れ曲がるという

トラブルが発生しました。





徐々にあたたかくなり

コロナの影響も収まった4月上旬の

出来事でしたが


修理ができなければせっかくの

イベントで多くの方にきてもらう

チャンスを最大限に活かすことが

できません。






私たちシンプロテックとしては

早急に対応させてもらうために

折れ曲がってしまったポールを引き取り

数時間で折れ曲がった躯体をすべて修理し

イベント会場へお届けしました。





私たちシンプロテックは鉄加工が強み。


「鉄のことであれシンプロテックに相談してみよう」

と思ってもらえたことはとても嬉しいことです。


こういった鉄加工に関することであれば

私たちシンプロテックに一度ご相談ください。



閲覧数:22回0件のコメント
bottom of page